卓球 ピン球 ボール 3スター 2スター 1スター トレーニング プラスチック

卓球99.com トップページ


※リンク先で商品が見つからない場合は
長期在庫切れとなっております。

プラスチック球 40+ 40mm 3スター

40mm+ 3スターボール 3ヶ入(プラスチック球) プラ3スタープレミアム 3個入 40+(プラスチック球)
40mm+ 3スターボール 3ヶ入(プラスチック球)
¥815(税込)
ボール色:ホワイト
プラ3スタープレミアム 3個入 40+(プラスチック球)
¥815(税込)
ボール色:ホワイト
バタフライ スリースターボール40+ ヤサカ 40+ プラスチックボール 3スターボール 40mm 3個入り
バタフライ スリースターボール40+
¥933(税込)
ボール色:ホワイト
ヤサカ 40+ プラスチックボール 3スターボール 40mm 3個入り
¥635(税込)
ボール色:ホワイト

プラスチック球 40+ 40mm 2スター

プラ2スター 硬式40ミリ練習球 3個入
プラ2スター 硬式40ミリ練習球 3個入
¥544(税込)
ボール色:ホワイト

プラスチック球 40+ 40mm 1スター

40mm+ 1スターボール 5ダース入(プラスチック球) ヤサカ 40+ プラスチックボール 1スター 40mm 5ダース=60球入箱
40mm+ 1スターボール 5ダース入(プラスチック球)
¥4,980(税込)
ボール色:ホワイト
ヤサカ 40+ プラスチックボール 1スター 40mm 5ダース=60球入箱
¥4,910(税込)
ボール色:ホワイト
JUIC プラスチック 1スターボール 100球入
JUIC プラスチック 1スターボール 100球入
¥7,484(税込)
ボール色:ホワイト

プラスチック球 40+ 40mm トップボール トレーニングボール

プラトップボール 10ダース箱
プラトップボール 10ダース箱
¥11,340(税込)
ボール色:ホワイト

3スター/スリースター ラージボール (プラスチック製)

ラージボール44プラ 3スター 1ダース
ラージボール44プラ 3スター 1ダース
¥2,400(税込)
ボール色:オレンジ


2スター ラージボール (プラスチック製)

2スター ラージボール (プラスチック製)
2スター ラージボール (プラスチック製)
¥4,230(税込)
ボール色:オレンジ


トップラージボール (プラスチック製)

トップラージボール (プラスチック製)
トップラージボール (プラスチック製)
¥11,000(税込)
ボール色:オレンジ


[プラスチック球]

■卓球メーカー以外の安いプラスチック球でもいいの?■
プラスチック球は卓球メーカーが作るものと、卓球メーカー以外が作るものでは
ピン球の弾みや回転などが異なります。

遊びでご使用されるのであれば卓球メーカー以外のものをご使用されればいいですが、
各市町村の試合やオープン大会などの日本国内の試合で使われるピン球は、
ほとんどがニッタク、TSP、バタフライとなっております。

■卓球メーカーであればどこのプラスチックのピン球でもいいの?■
自分がいつも良く出ている試合のピン球を使うことをオススメします。

TSP協賛の試合であればTSPの3スターや練習球を使用する事をオススメします。
バタフライ協賛の試合であればバタフライの3スターや練習球を使用する事をオススメします。
ニッタク協賛の試合であればニッタクの3スターや練習球を使用する事をオススメします。

■JUIC、JOOLAのプラスチックの3スターピン球は日本国内でなぜ日本卓球協会の公認を取ってないの?■
日本卓球協会の公認を取っても日本国内の地域の大会やオープン大会では、
JUIC、JOOLAのピン球が採用されることが少ないため、
取る必要が無いとも考えられます(2014/08/31段階)。

■プラスチック球なのに継ぎ目があるんですけど?(シームレスじゃない?)■
ニッタク、TSP、バタフライ、ヤサカのプラスチック球には継ぎ目があります。
セルロイドからプラスチック球に変更するという情報が卓球をしている方へ
伝わったと同時に「継ぎ目がない」という情報も独り歩きしました。

なぜ素材が変わるのか?なぜ変えるのか?
となったときに、「継ぎ目があると割れやすいから」
「継ぎ目がないほうがバランスが良いから」という理由が
一人歩きしました。

本当の理由はセルロイドという素材が発火点が低く、 航空貨物に載せる事ができないものとなりました。

また、セルロイドの供給が不安定で、良質なものが入手困難となり、
価格上昇の限度がみえず、高騰している理由が大きな理由です。
その他にも理由はあるのですが大きな理由は上記のとおりです。

■セルロイドって?■
セルロイドは、プラスチックの一種になります。
ただ、プラスチックは石油を原材料としているのに対し、セルロイドの原材料は
セルロースという植物から生成されることから、2者は厳密には違うものとも言えます。
(合成樹脂や塩化ビニル、アクリルなど、みなさんの身の回りのものにあるものは、
総称してプラスチックと呼んでるかたが多いです)

セルロイドは人形にパチンコ台の表面、筆箱に良く使われておりました。
また、腕時計の文字表示盤にも使われていました。

[ピン球 全般]

・3スターの検品落ちボール
3スターとして製造されたものですが、検品チェックに引っ掛かり不合格になったボールです。
※検品チェックとは質量、ゆがみチェック、ボールを坂路に転がしたときのズレの大きさで決まる。
3スターは坂路を真っ直ぐ転がり、ゆがみが大きいほど中心から外れて転がっていく。

・製造当初からトレーニング球として作られたボール
タイトルの通り製造の目的がトレーニングボールとして作られたボールです。

■3スターとトレーニング球の違い■
トレーニング球の中でも2種類分けられます。

・3スターの検品落ちボール
3スターとして製造されたものですが、検品チェックに引っ掛かり不合格になったボールです。
※検品チェックとは質量、ゆがみチェック、ボールを坂路に転がしたときのズレの大きさで決まる。
3スターは坂路を真っ直ぐ転がり、ゆがみが大きいほど中心から外れて転がっていく。

・製造当初からトレーニング球として作られたボール
タイトルの通り製造の目的がトレーニングボールとして作られたボールです。

■ピン球について■
ボールはセルロイド製が主流です。半球同士をくっつけて球体にしたものとなります。
硬式卓球では、直径40mm、重さ2.7gとなります。
2014年からはプラスチック球が発売され、今後は素材が徐々に入れ替わって行きます。

ラージボール卓球では、直径44mm、重さ2.2〜2.4gとなります。

色は白と橙色(オレンジ)と2色ありますが、
硬式卓球では中学生〜一般では白色を中心に使用しております。
(小学生以下ではオレンジを中心に使っております)

ラージボールでは橙色(オレンジ)のみとなります。

■昔のピン球■
昔は硬式卓球では直径38mmのボールが使われていたが、
40mmボールに変更することによってラリーが増え、
卓球を知らない方でもゲームを面白くする理由等から変更された。

Copyright (C) 2009 卓球99.com , All rights reserved.
omo